池袋駅とは?

山の手エリア3大副都心の一つ・池袋に位置するターミナル駅。全体の1日平均の利用者数は約271万人で、新宿駅に次いで世界第2位である。各社内ではJR東日本は新宿駅に次ぐ第2位、東武・西武・東京メトロは第1位の乗客数を誇る。 元々、池袋は農村地帯であり、1885年に今の赤羽線・山手線となっている赤羽 - 品川間が開業した際も、池袋に駅は設けられなかった。その後、1903年に田端への支線を分岐させるにあたり、当初は目白での分岐が想定されていたが、地形の都合や住民の反対運動などがあり池袋に変更されたため、当駅が設けられた。東武は1914年、西武は1915年、東京メトロは帝都高速度交通営団(営団地下鉄)時代の1954年にそれぞれ乗り入れを開始した。現在は合わせて8路線が当駅に乗り入れており、東京都西部や埼玉県南西部からの利用客が多い。当駅を中心として、周辺には多くの百貨店が建ち並び、大規模な繁華街・歓楽街が形成されている。


乗り入れ路線 以下の4社が乗り入れるターミナル駅となっている。なお、東武・西武・東京メトロは各路線ごとに駅番号が付与されている。  JR東日本 各線(後述) 東武鉄道 東上本線 - 駅番号「TJ-01」、当駅が起点 西武鉄道 池袋線 - 駅番号「SI01」、当駅が起点 東京メトロ 丸ノ内線 - 駅番号「M-25」、当駅が起点 有楽町線 - 駅番号「Y-09」 副都心線 - 駅番号「F-09」 JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は山手線と赤羽線の2路線であり(詳細は各路線の記事および「鉄道路線の名称」を参照)、山手線を所属線としており、赤羽線は当駅が起点となっている。一般列車の運転系統としては次の3系統が停車し、旅客案内では以下の系統名称で案内されている。  山手線 : 新宿方面 - 当駅 - 田端方面の電車線を走行する、環状線としての山手線電車 埼京線 : 新宿駅方面の山手貨物線と、赤羽線とを直通運転。現在は旅客案内において「赤羽線」の呼称は使用されていない。 湘南新宿ライン : 新宿方面 - 当駅 - 田端信号場貨物駅間の山手貨物線、田端信号場貨物駅 - 赤羽方面の東北貨物線を走行。1988年より当駅発着の東北本線(宇都宮線)・高崎線列車として乗り入れを開始し、2001年より新宿駅経由で東海道本線・横須賀線へ直通する現在の形態となった。 JRの特急列車はすべて湘南新宿ラインと同じルートを経由して当駅に乗り入れており、新宿駅起点で東北本線を経由して東武日光線へ直通する「日光」「スペーシア日光」「きぬがわ」「スペーシアきぬがわ」のほか、高崎線に直通する「あかぎ」の新宿駅発着系統、東海道本線に直通する「スーパービュー踊り子」の大宮駅発着系統、総武本線・成田線経由で成田空港駅へ向かう特急「成田エクスプレス」の大宮駅発着系統が停車する。 また、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属している。

入居中の生活サポート、転居のご相談まで幅広く対応しています。
株式会社ヒロコーポレーション ルームココ
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目9-2
Tel.0800-6018855 Fax.03-6912-6701